茶こしに魅せられて

  • 2019.01.19 Saturday
  • 15:00





昨春に買った雑誌に載っていたこのラオス製の竹茶こし





欲しかったのだが、当時アマゾンは売れ切れ、他のオンラインショップでも買えなくて、もうこれは日暮里にある松野屋という店まで行かなくてはなるまい、となったところで、めんどくさ、となりthe end



しかし元来しつこい性格ののりたいこは、何の変哲もない、しかし今思へばかなり優秀であったステンレス茶こしを使いながらも、


ほんとはあの茶こし使ってみたいんだけどね。日暮里だからね(と言っても最寄駅から1時間)


と呟きながらしぶしぶ茶しぶ、茶を淹れて来た。




しかしだ。



今に始まった事ではないが、昨今のusainuさんを筆頭に、皆さんのフットワークの軽いこと、軽いこと!



お忙しい中でも思い立ったら1秒の迷いもなく目的地に真っしぐら。ネコまっしぐら。



皆さんの、人とのつながりを大切にするそのお心がのりたいこにはとてもまぶしく、そしてそのおかげでこうしてぬくぬく布団の中で、全国のあらゆる情報と素晴らしい写真を堪能させていただいておるわけです。



そんなブログを毎日拝見していたらば、なんか、のりたいこもさ、うへへ、



日暮里?


行ってみる?行っちゃう?


谷根千(やねせん。東京下町の谷中、根津、千駄木エリアをこう呼ぶんだど)

よっしゃ、いっちょ行ったろじゃないの、YANESEN!


と、思い立ったのが年末、もう日も暮れた5時半。


しかも北風ピューピュー、寒くて。



結局日暮里駅から歩いて5分くらいのところにある松野屋さんだけで終わってしまった。



はぁー、もぅーはぁー素敵だった。松野屋さん。


今度行ったら豆バケツを買うんだい!






暮らしの道具 谷中 松野屋






というわけで、早速茶を淹れてみるだ。








竹だから、隙間から茶葉が落ちちゃうんじゃない?



ってお思いでしょう?



ええ、ええ、私も最初はそう思いました。




それがどうしてどうして













落ちてる!



何の変哲もないステンレス茶こしはこだこと起きねーのよ、わりぃーけど。




でも雰囲気だからね、こういうのは雰囲気。バイブス。







雰囲気、雰囲気。





次はこれを買いに表参道に行ってみるだ。




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM