違う違う、そうじゃない

  • 2019.09.04 Wednesday
  • 20:55




すっこむ
(その場から立ち退く、引っ込む)


という言葉に対して私が乱暴なイメージを持っているのは、これが大概は


すっこんでろよ


というフレーズで使われることが多いからではないかと思う。




先日、何かのネット記事に対する人々のコメントをつらつらと読んでいたら、まとまりもよく、きれいな文章を書いておられる方のコメントを読み進んでいくと、最後の文がこれで終わっていた。



◯◯(ある女優の役名)はすっこんでいてほしい。


コメントの全文を載せられないのが残念だが、それまでの穏やかで無駄のない日本語に少し尊敬の念さえ抱き始めていた私はこの突然の「すっこんでいてほしい」に吹いた。鼻が鳴った。


いや、前述通りすっこむは決して乱暴な言葉ではない。だが、いかんせん「テメーはすっこんでろよっ!」の悪イメージしか持っていない私には、



なんか急に、、、え?


すっこんでって、、え?


となってすごく楽しかった。


この後すぐにこの言葉を調べたのだが、「すっこむ」という単語すら知らず、それはそれは堂々と「すっこんでろ」でググッたのだった。

あ、、、すっこむっていう言葉があるのね、、、。

ただただ私が言葉を知らなかったってだけの話なんだけれども、でもやっぱりこういう発見はいい。へぇーってなる。楽しい。






すみません、ちょっと何言ってるかわかんない、ってやつですね、今日のは。





週末、ライオンキングを観に行った。


ほいでもって帰宅後、動物の群衆の前で呪術師のヒヒに持ち上げられる赤ちゃんライオン、シンバの真似を、我が家ももれなくやってみたのだった。





ノリ、ちょっとご協力お願いします。ウンショッと、オッコラセと。






無理があったな。


しかもノリ、それ違う映画だよ。




PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM